<閉鎖>沖縄の西表島温泉、源泉枯渇のため。ホテルは営業継続です。

Posted by



日本最南端、最西端の温泉として人気だった西表島温泉ですが、源泉枯渇のため温泉を閉鎖することになったようです。

先ごろの定期水質検査で、基準値を上回るレジオネラ菌が検出されたために2012年10月19日から温泉の営業を休止していましたが、源泉を調査したところ源泉水が枯渇しつつあることが判明したので、2012年10月31日をもって温泉を閉鎖することを決めたとのことです。

運営するホテルパイヌマヤリゾートでは、ホテル営業は通常通りに継続するとのことですが、日本最南端・最西端の天然温泉として人気を集めていた温泉施設の閉鎖は残念と言うほかありません。

最新情報は必ずご自身で確認の上でお出かけくださいますようお願い致します。

以下、パイヌマヤリゾートHPより引用です。

西表島温泉閉鎖のお知らせ

 平素は西表島温泉をご利用いただき誠にありがとうございます。
 さて、突然ではございますが、10月31日をもちまして西表島温泉を閉鎖することになりましたのでお知らせ致します。西表島温泉は平成4年の源泉掘削以来20年が経過しておりますが、源泉水の減少がいちじるしく、温泉営業を行うために必要な源泉水を確保することが困難となりました。営業を続けるためには再度掘削をする必要がありますが、そのためには多大な費用がかかります。当ホテルといたしましては温泉事業を継続することは困難と判断し、閉鎖することを決断いたしました。皆様には突然のことで大変ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞ事情ご賢察のうえ、ご了承いただきますようお願い申し上げます。 

なお、ホテルパイヌマヤリゾートは今後も営業を続けてまいりますのでこれまで同様ご愛顧のほど、よろしくお願い致します。


平成24年10月31日

                      西表島温泉 ホテルパイヌマヤリゾート
支配人 藤崎雅夫

関連するかもしれない記事:


No tags for this post.